Meet ICON members

有川 聡(Akihiro Arikawa), Clinical Research Associate

「何事も”突き詰めて”考える」ことがポリシーです。 また、好奇心をもって、臨床開発モニター業務を含め色々なことに取り組みたいです。

「何事も”突き詰めて”考える」ことがポリシーです。 また、好奇心をもって、臨床開発モニター業務を含め色々なことに取り組みたいです。


有川 聡大 Akihiro Arikawa

クリニカルリサーチアソシエイト, CRA

 

仕事内容と仕事におけるこだわり

CRAです。主に臨床試験のモニタリングを行います。担当している医療機関に訪問して業務をする時もあれば、オフィスや自宅で内勤業務をすることもあり、フレキシブルに働く仕事です。私自身は現在リードCRAとして、4試験の立ち上げ業務〜試験クローズ業務をしながら、CRA会議の司会進行や、後輩の育成支援を担当しています。

仕事のポリシーは、かつての上司からの受け売りですが、「何事も突き詰めて考え行動すること」です。この言葉受けた当時の自分はそのことが出来ていなかったのですが、とてもしっくり来たのを覚えています。それからは、例えば問い合わせや相談が来たら、少しでも早く返信して相手から信頼してもらう、新しいシステムを使い始めるなら、まずは仕組みを自分なりに納得いくまで理解してから使う、など自分なりに最大限にできることに取り組んでいます。

また、上司や同僚との話のしやすさも仕事において重要だと思っています。担当プロジェクトチームの中だけでなく、部門や職種を超えて、話ができる相手がいるというのはとても重要なことだと思っており、そのような関係から得られるものがとても多いと感じています。

職場としてのICONの魅力を教えてください

働きやすいことと、希望する人には挑戦の機会がどんどん与えられるところです。まず働きやすさに関しては休みがとりやすい社風、フレキシブルに自分の働き方を設定しやすいところが挙げられます。また、挑戦の機会については、手を挙げる人にはチャンスが与えられるという印象です。また、社内のいろいろな方と交流し、自分のキャリアプランやロールモデルを作っていきやすいと感じます。

私自身も、CRAとして経験を積み、最初はCRA会議のリーダーをやってくれないかという当時のクリニカルトライアルリーダーの依頼から始まり、徐々に後輩指導、チーム内の雰囲気作りなど自分の役割を広げてこられているように感じますし、こうして会社の広報業務、ウェブサイト作りに協力するといったことにも携われています。また、業務とは別ですが、社内で部活動や、社内交流会の企画も立ち上げました。

 

 

今後、CRAの経験を活かしながら、プロジェクトマネージャーやクリニカルトライアルマネージャー、あるいはそれ以外の職種にも挑戦していけるように成長していきたいと思っています。目標としている方々が社内にいらっしゃるので、直接お話を伺ったりでき、日々のモチベーションに繋がっています。

ICONで活躍できる人物像を教えてください

ICONで活躍できる人物像を教えてください

自分の業務を責任持ってマネジメントしながらも、物怖じせず、いろいろなことに好奇心を持って取り組める人です。受け身な方や、仕事をふられてもやる前から「それはできない」と考えてしまう方はあまり合わないと思いますね。

さらに、目標をしっかり達成し、自分の業務だけでなく視野を広く持ち、試験全体、業務全体などを見通せる方であれば、プロモーション(昇進)も難しくないと思います。

他のICON membersに会う

Contact Us

当社の採用活動についてお問い合わせはこちらから

問い合わせる